水産市場を訪ねる

seoul

  • 歴史ある市場で魚を選び、その場で調理してもらう
  • 都会の水辺を散策してリラックスする








『鷺梁津(ノリャンジン)水産市場』は、ソウル最大かつ最古の屋内市場であり、旅行客ならぜひ見ておきたいところです。メインホールには、夏は小イカ、秋ならカルチ(太刀魚)、冬は二枚貝、春にはggot-gae(人気の地元のカニ)など、その日の水揚げが並びます。朝には本物の競りが行われていますが、食事が目的の観光客は、夕方早い時間に行きましょう。濡れても大丈夫なつま先の覆われた靴で行くようご注意ください。買い物を済ませたら、海の幸を生で(世界的には日本語の「刺身」の方が知られていますが、韓国語ではフェと言います)味わえるレストランを店主が紹介してくれます。生モノが好みでなければ、魚に海塩(gui)を振って塩焼きにしたり、タコを蒸して(チム)赤唐辛子のつけダレと一緒に食べたりすることもできます。コースの一品目を平らげたら、残りの魚をメウンタン(非常に辛いがおいしいシチュー)にしてもらいましょう。ランチを終えたら、地下鉄の1号線に乗って鐘閣(チョンガク)駅(5番出口)へ向かい、ニューヨークのハイラインによく例えられる、街路樹が素敵な清渓川(チョンゲチョン)沿いを散策しましょう。












コンラッド・ソウルから歩いて行ける範囲にあります。Yeouidong-roまたはYeoeuidobang-roで歩道橋を渡り、Noryangjin-ro方向へ曲がれば『鷺梁津(ノリャンジン)水産市場』に着きます。白いエプロンと黄色い手袋を身に付けた男性が見えたら、まっすぐ進んでください。


​NORYANGJIN FISH MARKET: 688, Nodeul-ro, Dongjak-gu; 82-(0)2-814-2211

CHEONGGYECHEON: Spans 11km across central-east Seoul












水産市場を訪ねる

水産市場を訪ねる

seoul

  • 歴史ある市場で魚を選び、その場で調理してもらう
  • 都会の水辺を散策してリラックスする








『鷺梁津(ノリャンジン)水産市場』は、ソウル最大かつ最古の屋内市場であり、旅行客ならぜひ見ておきたいところです。メインホールには、夏は小イカ、秋ならカルチ(太刀魚)、冬は二枚貝、春にはggot-gae(人気の地元のカニ)など、その日の水揚げが並びます。朝には本物の競りが行われていますが、食事が目的の観光客は、夕方早い時間に行きましょう。濡れても大丈夫なつま先の覆われた靴で行くようご注意ください。買い物を済ませたら、海の幸を生で(世界的には日本語の「刺身」の方が知られていますが、韓国語ではフェと言います)味わえるレストランを店主が紹介してくれます。生モノが好みでなければ、魚に海塩(gui)を振って塩焼きにしたり、タコを蒸して(チム)赤唐辛子のつけダレと一緒に食べたりすることもできます。コースの一品目を平らげたら、残りの魚をメウンタン(非常に辛いがおいしいシチュー)にしてもらいましょう。ランチを終えたら、地下鉄の1号線に乗って鐘閣(チョンガク)駅(5番出口)へ向かい、ニューヨークのハイラインによく例えられる、街路樹が素敵な清渓川(チョンゲチョン)沿いを散策しましょう。












コンラッド・ソウルから歩いて行ける範囲にあります。Yeouidong-roまたはYeoeuidobang-roで歩道橋を渡り、Noryangjin-ro方向へ曲がれば『鷺梁津(ノリャンジン)水産市場』に着きます。白いエプロンと黄色い手袋を身に付けた男性が見えたら、まっすぐ進んでください。


​NORYANGJIN FISH MARKET: 688, Nodeul-ro, Dongjak-gu; 82-(0)2-814-2211

CHEONGGYECHEON: Spans 11km across central-east Seoul